心を育てる芸術鑑賞会
HOME 鑑賞会一覧 ワークショップ一覧 資料請求

和太鼓の響き和太鼓

みどころ

邦楽だけでなく様々なジャンルの演奏家とのセッションを通し、自分たちの音楽を追求し続ける。世界から注目されている和太鼓奏者たち。

■ パフォーマンス

腰を落とし、腕を振りかぶって激しく打ち込む姿からは、日本的な益荒男を連想させられる。打って変わってコミカルな場面もあり、観客とのコミュニケーションや参加コーナーもあり、飽きさせることなく最後まで見入ってしまいます。

■ 和太鼓の魅力が満載

勇壮な迫力ある演奏、荘厳な雰囲気をたたえる演奏、祭りのようなにぎやかな演奏など、和太鼓の魅力を存分に引き出し、日本人の感性を揺さぶる。
演奏法も細部にこだわった作品が満載です。

■ 世界に通ずる音楽

メンバーは、国内はもとより東ヨーロッパ諸国、アフリカ諸国、ロシア、アメリカ、東南アジア、オーストラリアなど海外での公演でも高く評価されている。また全曲オリジナルで、日本の粋や自然を愛でる感覚などを表現する。

和太鼓 和太鼓

主な曲目

★ 一瞬で頂点まで上り詰めるようなオープニング曲「沸天(ふってん)」
★ 和太鼓表現のバリエーションを盛り込んだ「朱之嚆矢(あかのこうし)」
★ 音圧や所作の鋭さなどの“和太鼓らしさ”を現代の感覚で再構築した「兜(かぶと)」
★ 4台の締太鼓がさまざまな「水」を表現する「洸(こう)」
★ 関東を代表する打法“斜め打ち”を中心に見せる打芸曲「跳跳(とびはね)」
★ 舞台狭しと繰り広げられる動きのあるパフォーマンス「粋輝(いき)」
★ 担ぎ桶胴を用いた、見た目にも華やかな曲「遊(ゆう)」
★ 小細工一切無しの渾身の打ち込みを魅せる勇壮な曲「てんらい」

*曲目は多少変更する場合がございます。

編成

3〜4名

使用楽器

宮太鼓(2尺、1尺8寸、1尺5寸)・四丁掛締太鼓・桶胴太鼓(2尺2寸、1尺8寸、1尺6寸、1尺2寸)・チャッパ・他
(演目・会場により多少異なります)


橋口隆之

主宰:橋口 隆之

太鼓奏者であった父、岬史郎の影響で幼少の頃より和太鼓に触れ、15歳でプロのステージに立つ。
本グループの他、江戸寿太鼓、TOYKO一番ばやし、BU-SHI-DOサポート等に参加。クラブミュージックとの融合を図る実験的バンド「ngoma」を結成。また、作調や後継の指導も手掛け、初心者から上級者までカバーする独自の理論に基づいた丁寧な指導が好評。和楽器同士のアンサンブルは勿論、洋楽器や打ち込みとのコラボレーションにおいても、伝統楽器としての和太鼓の良さを大切に踏まえた演奏が出来る数少ない奏者として業界内でも異彩を放つ。


ひょうげん教育 お問い合わせ

電話/FAX 072−377−6644
(平日 8:00 〜 18:00)

資料請求・メール(24時間OK)

メール