心を育てる芸術鑑賞会
HOME 鑑賞会一覧 ワークショップ一覧 資料請求

ひょうげんワークショップ

内容

・心の体操、体と声の体操
・動物になってみよう
・喜怒哀楽で歩いてみよう
・伝えよう!受け取ろう!
・喜びの表現
・ミニシアター「ライオンキング」を作ろう
・発表・講評

目的

1,大きく体を動かして表現する。
2,協力してひとつの劇を作る。
3,自己開示し、自尊心を高める。
4,自分の気持ちを知る。他人の気持ちを感じとる。

時間

45分×2コマ(ご希望により構成いたしますが、内容が変わる場合がございます。)

定員

50人程度まで/1回(理想20〜40人)

対象

小学校高学年


解説

小学校の「ひょうげん」では、楽しく、遊びの延長の形でワークショップを始めます。難しい説明はなるべくせずに、瞬間的なひらめきを大事にして、子どもたちの感じるまま、受け取るままに、動いたり声を出したりしていきます。動物になったり、喜怒哀楽をちょっとオーバーに表現したりしながら、ポジティブな気持ちになれるような声掛けをしていきます。

また、友だちに言葉を渡す、友だちから言葉を受けとるという日常の行為が、簡単なようで意外と難しいという体験もしてもらいます。

最後に、実践的なまとめとして「ライオンキング」のワンシーンを2グループで発表してもらいます。


武田高司

講師:鰍沢 ゆき

東京都出身。
桐朋学園大学短期大学部芸術科(現・桐朋学園芸術短期大学)演劇専攻を卒業後、木山事務所養成所へ通う。小・中学生のための表現ワークショップ講師などを経験。
コミカルな作品を上演する「劇団東京座」、マイム劇を手掛ける「アンディゴ企画」、岸田理生作品を脚色・上演する「ユニットR」など、数多くの舞台作品に出演。
特にテアトロ新人戯曲賞を受賞した野中友博を座長とする「演劇実験室∴紅王国」では、旗揚げから8年間、すべての作品に出演し、主演・準主演など務めた。
また、雑誌のモデルや、ゲームのモーションキャプチャーなど、舞台以外でも活躍。

2016年より認定NPO法人日本クリニクラウン協会が運営するクリニクラウンの派遣活動に参加。クリニクラウンとして、全国の入院する子どもたちのために活動を続けている。

ひょうげん教育 お問い合わせ

電話/FAX 072−377−6644
(平日 8:00 〜 18:00)

メール(24時間OK)

メール