ひょうげん教育
鑑賞会
トップページ ひょうげん教育とは サポート内容 予算・公演費用 お知らせ お客様の声

予算・公演費用について

私たちがご提供する鑑賞会プログラムは、日本全国にお届けできるだけのクオリティとコストパフォーマンスを実現できると確信しております。
資料のご請求、お見積もりのご依頼をいただければ、お客さまにもご実感いただけるはずです。
子どもたちの為に良質な作品を創造し少しでもお安く提供する・・・それが私たちの使命であると考えています。低価格・少人数でも“スゴイものを!”が弊社のモットーです。

小・中学校の場合、児童生徒さん1人当たり500円〜1,000円でご予算に合わせたプログラムをご提案いたします。
高等学校の場合は、ご予算以外に会の目的やテーマに沿って使用楽器の選定や照明効果の有無など、より細かい部分に配慮したご提案を差し上げております。
ホール開催の実績も多数ありますので、すみずみまで行き届いたサポートをお届けいたします。

資料請求簡単お見積


公演費用の明細

  1. 出演料

    出演するアーティストのギャラです。
    楽器や道具の使用料、衣裳代、リハーサル費用なども基本的にはこの中に含まれます。

  2. 交通費

    出演者やスタッフの移動交通費です。
    (列車、飛行機、船、自家用車など、出演者の拠点と公演会場との距離や状況に応じて様々な方法がとられます。)

  3. 運搬費

    楽器や道具の運搬費用です。トラック、飛行機、宅配便などこれも様々な方法があります。
    アーティストが自分の車両で運ぶこともあります。

  4. スタッフ人件費

    公演(鑑賞会)には必ず私共のスタッフが同行します。学校の先生への対応や控え室の準備、お弁当や飲み物の手配など、マネージャー的な業務を始めとして、搬入出の誘導や転換の手伝い、バミリ(位置取り)、ステージ清掃など舞台スタッフとしての仕事も行います。
    その他、作品によっては音響スタッフや照明スタッフも同行する場合があります。
    ホール公演の場合はホールの常駐スタッフに委託することもあります。

  5. 食費・宿泊費

    出演者・スタッフの食事代です。
    遠距離の移動が生じる場合は、前日に会場近くまで移動して宿泊することもあります。その際の宿泊費用です。
    「食費・交通費・宿泊費」のことを「アゴ・アシ・マクラ」とまとめて言うこともあります。

  6. 制作費

    公演を制作する上で欠かせない諸費用のことです。
    資料やプログラムの作成費、出演者との打ち合わせ費、会場打ち合わせや下見の際の費用、通信費、機材や備品購入費、収入印紙代、著作権使用料、労務費、源泉徴収税、消費税などが含まれます。

    ※ 弊社では、主催者様のご予算に合わせて、出来るだけご希望に近い形で公演が出来るよう、様々な工夫と努力で料金の調整をさせていただいております。


※ はじめて鑑賞会ご担当になって「何から手をつけたらいいか分からない」という先生もガッチリサポートさせていただきます。
鑑賞会演目を提供するだけでなく、鑑賞会に関連する様々な事務的作業や雑務(会場手配、会館との打ち合わせ、プログラムやポスターの作成、当日のスケジュール管理、お弁当や飲料の用意、など)もお任せください。
先生方のご負担を軽減し「鑑賞会担当をまたやりたい」と感じていただくことが私たちのやりがいと喜びです。

子どもたちの笑顔と未来のために、私たちは舞台芸術の素晴らしさと奥深さをこれからも追求し続けます。


ひょうげん教育 お問い合わせ

電話/FAX 072−377−6644
(平日 8:00 〜 18:00)

メール(24時間OK)

メール